食欲の秋と頭の天辺に浮かぶ満月と

いろいろと書き留めておきたいことたくさんあるけれど、ずいぶん時間が経っちゃったよ。細かいことはともかく、振り返って書き留めておこうと思う。写真だけ載せていたアイルランド旅行記も振り返ってようやく3日分書いたところ。
0922
くるり京都音楽博覧会を見に行く。去年も行きたかったけど忙しくて行けなかった。去年の出演者もすごく魅力的だったのですごく惹かれていたのだけれど、今年もふちがみとふなとの音楽はおかしくてかわいいなあと楽しかったし、矢野顕子さん、5年ぶりぐらいにライブ見れたけどいつものあの声とピアノでひとつだけも聴けて感激したし、カントリー調のニューアルバムが最高だったBen Kwellerのポップでご機嫌なライブを目撃できたし、どんとの息子ラキタくんがギターとボーカルで参加のボ・ガンボスもなんかジーンとしたし、ソロの最初の頃しか聴いていない奥田民生さんはなんだか今でもいい歌を歌っていて気になってしまったし、岸田くんとの共演も素晴らしかったし、大人数のバンドをバックにすごい迫力だった石川さゆりさんもかっこ良かった。こんないろいろな音楽を紹介している、くるりの姿勢はとっても誠実だって思ったし、2年ぶりぐらいに見たくるりのライブはやっぱり素晴らしくてロックとかいうんじゃなくてそれは歌だったし、やっぱり、くるりいいなあと思った。
0923
この間も映画を見たシネコンに行ってみたものの、あまり見たい映画はなかったけれど、ココ・アヴァン・シャネルを見た。オドレイ・トトゥは魅力的だったし、シンプルなものを好む着こなしはいい感じだったけれど、よく考えたらシャネルのファッションとか全然知らないもんって思いながらも映画は興味深く引き込まれていったのだけど、最後は悲劇の後に急に有名デザイナーになっちゃうので、あら、それからどうしたって思ったまま映画は終わっちゃった。そのあとmizucaに行ってギャラリーで織物の展示でマフラーとか気になったけれどおばちゃんたちがすごく熱心に作家さんと話しをしていたのに圧倒されて、すぐカフェに行って扉を開けると、その瞬間、あっこちゃんの知り合いだったでしょって言われて、あ、はい、なんかすみませんって感じで、チャイやケーキを注文していただきつつ、音楽の話しとかいろいろしたりして、そのすぐ後にいらした常連さんのジンジャーエールのアイス乗せが気になりつつ、へーそんなメニューあるんですねえ、飲み物に100円プラスでアイス乗せれるんですよとか、そんなこんなで2時間ちょっといろんなおしゃべりして、なんだろう、ここ来たの2回目なのに近所に住んでいて常連さんだったみたいっておかしく感じて、またきっとここに来なくてはならないなあって思った。夜はまたあの歌を聴きに行って、またたくさんおしゃべりして夜が更けていった。
0924
大阪出張で夜はめずらしく人を誘って飲みに行ってなぜか夜遅くに大阪駅の歩道橋の上でギターをめちゃくちゃに弾いたりした。それが楽しくておもしろかった。いつか、ギターまともに弾けるようになるぞって思った。
0927
安藤明子さんが東京にやって来た。ぐうの音に向かったらまだ準備中だったから、近くの神社でお祭りやってるよって言うんで行ってみておみくじ引いたら大吉で、ああ運を使い果たしちゃったなあ、そんないい人生なんて送れるもんかって思ったけど、今日のこの日が素晴らしかったらそれでいいやって思った。安藤明子さんのぐうの音ライブを見て、そのあと、リハーサル先へ案内するつもりが、乗り換える駅乗り過ごしちゃって全然役に立たないの。河川敷でリハーサル。ムリウイハンバーガーにリハーサル。人がいっぱい集まって、ぎりぎりに来た僕の友達たちは室内に入れなくってテラス席だった。こんなにたくさんの人が集まって本当に良かった。本番で安藤さんが歌いはじめたらなんだか空気が変わった。その光景がとても印象的だったし、やっぱりこの場所、安藤さんが歌ったらピッタリだって思った通りだったので、この場所を使えないかってお願いしてみて本当に良かった。安藤さんの歌はやっぱり安藤さんそのものだった。yojikとwandaのライブもやっぱり素晴らしかった。ライブの紹介の文章に三つの歌声がやさしく強く空気をゆらゆら揺らしながらじわじわと心に体に染み渡るとか書いてしまったのでもしかしたらwandaさんがいつもよりたくさん歌ってくれたのかもしれないなって思ったけれど、新曲らしい歌とかすごく印象的だった。yojikさんの歌声はやっぱり間違いないなあと思った。安藤さんとyojikさんの共演も思い描いていた以上に素晴らしかった。時間的にアンコールは無しになっちゃうかなあという感じで僕はアンコールの拍手をしなかったのにお客さんたちから自然に拍手があがって、なんだか、じーんとしてしまった。最後のダンスは楽しくておもしろかった。ライブが終わってもたくさんの人がいろいろなところでおしゃべりを続けていてなんだかこれもひとりじーんとくる情景だった。ムリウイのたけしさんがとても内容のいいライブだったと言ってくれた。ライブ前に緊張しているように見えたwandaさんもライブ後はリラックスして楽しそうに見えた。yojikさんも安藤さんも楽しそうだった。のこぎり奏者の入江さんは今日の自分の演奏はいまいちだったと言っていたけれど僕はそんなこと思わなくてすごく良かったってそのまま答えた。とにかく僕もすごく楽しかった。この日は間違いなく僕にとって大吉だった。出演者のみなさん、ムリウイのスタッフの方々、来てくれて歌を聴いてくれたみなさん、本当にありがとうございました。
あきのフーガ あいのフーガ
きっと、あいのうた、アイラブユーはたくさんの人に届いたと信じています。
1003
京都からやって来た、ねじ梅タッシと思い出ナンセンスのライブを渋谷で見た。板前をしながらロックバンドを率いるタッシさん、売れなくても愛のある歌を届けるよっていう感じが何とも言えなくとても良かった。朝、実家からぶどうと梨が届いた。

1004
昼間はアイルランドで買ったいろんなCDをようやく落ち着いて聴いていた。27日ライブに来てくれた友達が夜ごはんにおいでと呼んでくれた。一週間前に会った4人の友達とまた一週間後にみんな集まった。なんだかおかしいなって思った。ベランダの炭火で焼いてくれた秋刀魚や栗ごはんを食べた。めちゃくちゃおいしかった。ワインをぶどうをつまみにして飲むという変なことをした。ぶどうすごく甘い。中秋の名月は3日だったのかな?今日は頭の天辺に満月が浮かんでいた。