輝き

カーニャで田中磬さんに会ったときにSAKEROCKのライブ情報を聞いていて、ビルボードでのライブのことはあきらめて、投げ銭の屋外フェスってすごい企画の京浜ロックフェスティバルというのに出かけてみたんだけど、天気予報では雨だというから出遅れてしまって川崎駅のバス停はすごい行列だった。トップバッターのトクマルシューゴさんのライブはすごく見たかったけれど最後の一曲しか見れなかった。田中磬さんがベース弾いていた。七針でよく出演してる岸田さんもドラム叩いてた。我慢してたおしっこをしにトイレに行ったあとバックステージの田中磬さんを見つけた。来ちゃいましたよ、と言うと、遅いですよと言われて、一曲だけ見ましたよと答えた。どんとの息子さんラキタの弾き語りも良かったし、そのあと登場したスカンク兄弟と原田郁子ボ・ガンボスルー・リードのカバーがグッときた。あがた森魚さんやシーナ&ロケッツのベテランのエネルギー溢れて突き抜けてる演奏がすごいなあと思った。強く心うたれたのはオニさんの歌だ。夕暮れに染まりながらもう鷲掴みにされてしまった。

越路姉妹もかっこよかったし、東京ローカルホンク& 鈴木茂もしびれました。SAKEROCKは久しぶりだったけれどあいかわらずハマケンスキャットおもしろかった。もうすぐ出るらしいニューアルバムの曲がロックぽい激しさの中にドラマチックな展開があっていいなあと思った。



うちの玄関前にはいろんな虫がやってくる。カマキリがいてびっくりする。

玉川上水ロバハウスという場所に足を運んでみて「古楽市場」といういろんな楽器を売っているイベントを見てきた。ショピンのライブは一曲しか見れなかったけど、巣箱というカフェスペースに足を運んでカレー食べたりしてからレコードを聴いてレコードを買った。








高知の陶芸家のヒロタニさんの展示に足を運んで、今までお手紙のやりとりだけだったけれど、初めてヒロタニさんに会えた。いろいろ興味深い話を聞けた。自分で作った窯で3日もかけて焼くって言っててすごいなあと思った。

福原希己江さんの歌を聴きに七針行った。チンジャオロースの歌がよかった。ユーミンのチャイニーズスープみたいだった。そこで初めて聴いた平賀さち枝さんの歌がいい感じでした。