青写真

peanut_butter2011-04-12

さくらの花やたんぽぽの花を目にするようになりました。暖かくなったけれどまだ少し肌寒いです。あれから一ヶ月経ったけれど、またかなり揺れを感じる余震が続いていてとても不安です。今日は実家のほうが震源地震が何度も起きていて心配で一ヶ月前にそうだったように親と数度メールのやり取りをしました。平常心でいようとか、いつもどおりにしていようとか頻繁にそういうふうに考えてしまうことがちょっといつもどおりじゃないのかもしれないです。そんなふうに考え出すとなかなか眠りにつけないです。僕はいい歳をして家族を築いたりすることも出来ていない情けない人間なので、ひとりじゃないとかひとつになろうとか急にいろんなところに溢れてる状況にうまく馴染めなかったりしています。いつもどおりということでは音楽はあいかわらずいろいろ聴きに行ったりしています。忘れないように日記として書いておけばよかったけどなかなか書けませんでした。節電という意味ではひとりで家にいて無駄に電気を使うよりも音楽を聴きに行っていたほうが貢献できているかもしれません。最近は音楽を聴きに行くと顔の知っている方が少なからずいて、たまにお話をしたり、会話があまり得意なわけじゃないのであいさつするくらいだけだったりもするけれど、ひとりで家にいるだけよりも安心できたりしています。
青写真という言葉は大学生の頃から今に至るまでよく聞いてきた言葉です。感光紙に設計図を焼き付けたものを青写真というのです。将来設計みたいなことも青写真という表現を使ったりするのかもしれません。イメージ的にはなんだかノスタルジックな雰囲気を持った言葉な気もします。それは昔の自分が思い描いた未来の自分を現在の状況から振り返ったりするようなことをイメージさせるからです。大人になった今の自分は昔の自分が思い描いていた自分とはなんだか違う気がしています。それがよいことなのか悪いことなのかはよく分かりません。世の中の出来事についても予想のつかなかったり想像していなかった出来事が不意にあっけなく起きてしまうこともあるということをこれほどに強く思い知らされるとは考えてもいませんでした。自国の出来事にだけ気を取られてしまう状況ではあるけど、世界のどこかでは争いごとが常に起きていてたくさんの命が奪われているということも気になったりしていました。カカオ戦争とかを知って、日本のカカオの自給率がたぶん0%なのだと思うけれど、大好きなチョコレートも大事に食べなくてはいけないなあと思いました。なんだか話がいろんな方向に行ってしまいました。
さて青写真特集ということでタイトルが青写真の歌を3曲入れたmixtapeをUPしました。
青写真mix
1.青写真 / mojoco
2.青写真 / くるり
3.青写真 / 安藤明子
4.IN THE FLIGHT / FISHMANS
5.ドーナッツのリング / 川本真琴
6.モニカ / PHILIPS
7.cream soda / スーパーカー
8.10年前の恋人と今の恋人を考える。今の僕が10年前を振りかえり、今を考える / 竹野泰章
9.虹の次の日 / mono-folio