シャンゼリゼ通り

テントから漏れてきた素敵なメロディ
Happy Trail
朝電車を待っていたら、電車に白くまが乗っていました。

ボンジュール。ただいまパリにいます。なんだかんだ時間に追われてしまったり、働くのは好きじゃないのに気が弱いのでまじめに仕事をしていたりしまして、でもうまくいかないことも起きたりして、でも割と開き直ったりして何言われてもどうでもいいやなんて感じでして、でも今日は昨日よりも早く開放されまして、閉店前にサラダのおいしい珈琲屋さんに行くことができてそれだけでよかったなあと思いました。そして今回もクロワッサンのお皿の脇にはあんぱんのおまけがついていたし、またマスターが近づいてきてビニール袋に入ったパンをテーブルに置いて何も説明もなくただニッコリと笑いかけてくれました。嫌なことははっきり嫌といいますが、嫌じゃない人の好意に対しては素直に受け入れるのが僕のポリシーです。本当にどうもありがとうございます。そうして夜のシャンゼリゼ通りを散歩していたら通りの中にある広場にまあるいテントが張られていて、その中から音楽が聴こえてきました。聴き覚えのある歌でよく確認してみましたら大橋トリオがその中でライブをしていたので、漏れてくる歌をベンチに座って3曲ほど聴くことができました。そうしてエッフェル塔がキラキラと点滅しているのを眺めたのです。

ラッキーなことに今日はとても新しくきれいなホテルにとても安いお値段で予約ができて、ラウンジのパソコンで無料の珈琲をいただきながら日記を書いております。ちょっとだけ嘘を書いてしまっているかもしれませんが、僕はいつだって嘘つきだからそれはきっと直りません。ではおやすみなさい。