故障だった

朝、風が強く雲行きが怪しかった。少し作業してからとんぼ返りの出張に出掛けた。新幹線の窓の景色も、ひたすら曇り空でそのうち雨が窓をたたき出す。ひたすら本を読んでいた。お昼ごはんは少し遅くなったけど、久しぶりにねぎがたっぷりのネギマヨタコ焼きを食べた。前が安すぎた気がするけど、値上がりしたような、おいしかった。仕事を終えてまた新幹線に乗る。また本を読み始めたけどすぐに寝てしまった。気付いたら東京駅だった。炊飯器をタイマーセットしてたけどやっぱり炊けていなかった。タイマーじゃなく改めてセットしても、レコード一枚聴き終えても炊けなかった。もう故障確定だなと思った。炊飯器買うべきか悩むことになった。まあ鍋でごはん炊けるかなとためしにやってみた。炊けたけど、茶碗の半分くらいのお米は焦がしてしまった。夕ごはんにありついたのは日付が変わるくらいまで遅くなってしまった。新幹線で眠ってしまったので少し目が冴えてしまい本の続きを読んで読み切った。るり姉 という本、よい本だった。